DINKS+兄弟ボステリの生活。
東京の下町でよちよち歩き。
by popyiggy
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
検索
最新の記事
仲良く、ね。
at 2011-10-14 18:54
めずらしいぺろぺろ
at 2011-08-21 02:30
舎人公園ドッグラン
at 2011-05-05 20:12
カテゴリ
以前の記事
イギー&ポップ on twitter
エマ家がウロウロ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧




2009年 05月 29日
うちの子記念日
お誕生日ではなく、我が家に来た日、つまりうちの子になった日。それが『うちの子記念日』。

犬を飼うまでそんな概念があることをまったく知りませんでした。
イギーの時は軽くスルーしましたが、反省。ポップの時は思い出しましたよ。

ポップのうちの子記念日、2008年5月31日。明日でちょうど1年。
思い返してちょっとしみじみしてしまいました。

生後3か月弱のポップ。体重1.2kg。
f0161822_1193424.jpg






エマ家で犬を飼うことになったのは、もともとイギーを飼いたかったから。
エマ夫がボストンテリアを飼いたいと強く思っていて、ちょうどペットショップに居た子を気に入った。
それが、イギー。

イギーをエマ家に迎えて1週間後。
しょっちゅう訪れるようになったそのペットショップで、掲示板に『他店舗にもこんな子が居ますよ♪』と貼ってある写真群を見かけた。
その中に居た、同じ誕生日・同じ出身地のボストンテリアの男の子。

「これは、ひょっとして兄弟ではないか?」

そう思って、エマ夫と2人で店員さんに尋ねた。
その子のいる支店の場所を聞き、その足で会いに行った。
まだ飼うとは決めてなかった。けれど、一目会いたくて仕方なかった。

地下鉄を乗り継いで、かなり歩いて着いたその店舗。
大きいホームセンターの一角で、犬や猫の入ったたくさんのケージには、お客さんが大勢集まってた。
背中越しに縫うようにドキドキしながら探して・・・・あっ、いた!!

ポップは、ちんまりとした体に、くりっとした目。
ぴょこぴょことケージ内を歩き回り、元気そうだった。
だけど、とても細い体で、あばら骨がくっきりと浮いてみえた。涙が出そうになった。

「あらー、この子かわいいわねぇ」
年配の女性が、ポップを見て言った。一緒に来ていた家族だろうか、年配の男性と子供らしき人を呼んで
ケージ前で何か話している。
この子を飼おうとしているのだろうか。なんとなく不安になった。

エマ夫と相談して、とりあえずポップを抱かせてもらうことにした。
店員さんにお願いし、少し離れたスペースで待つ。
どきどきしながら連れてきてもらったポップは・・・・「小さい」。

とにかく小さかった。イギーに比べると、2/3位の大きさではなかろうか。
あまりにも違って驚いた。

体重は1.2kgだという。1か月前にイギーを迎えた時の体重が1.6kg。
本やサイトで見た知識が頭の中をよぎる。
この子は健康なのだろうか。

イギーのことを店員さんに伝えると、兄弟かどうか調べてくれるという。
店員さんが席を離れている間、ずっとポップを抱いていた。
エマ夫と交代で抱きながら、「私たちにこの子は飼えるのだろうか?」という気持ちが芽生え始めた。

犬を飼う初心者なのに、いきなり2頭も?
お金は?世話は大丈夫?
この子は病弱かもしれないよ。短命かもしれない。それでも?
何より、イギーとの相性はどうだろう?

沢山の疑問が頭の中をぐるぐる。
エマ夫も半ば同じ気持ちのようで、お互い「・・・どうする?」「でもさー・・・」と探り合い。

そこで、店員さんより「兄弟です」という言葉が!

とりあえず、購入するかは別として。
先住犬との相性をみるために、ポップを最寄りのペットショップへ移してもらえることになった。
イギーとのご対面は、ワクチン接種のタイミングを見て後日ということに。

それからずっと、エマ夫とエマの話し合いが続いた。
何日も。イギーとポップの顔合わせの日までずっと。

今思えば、心の奥底ではもうエマ家に迎えたいと決めてたんだけどね。
沢山の不安を、言葉に出して、エマ夫とお互い確認し、共有し、飲み込んで消化していってたんだと思う。


顔合わせの日。
パピパピパピーの2頭は、ワクチン打ちたてのパルボ消毒薬臭プンプンの状態で、
なんだかどんより湿ったぐにゃぐにゃの体でご対面。
うろんな瞳で、とくに感動の兄弟再会ではなく(笑)さくっと終了。

結局、ポップと離れたくなくて、離れさせたくなくて、お迎えすることになった。

きっとイギーとポップお互いに、居てよかったと思ってくれる瞬間が訪れるはず。
というか、そう思ってもらえるような家族になっていきたい。
所詮は飼い主のエゴと願望。

後に、多頭飼いの懸念として。
年の近い個体はペットロスが続く可能性がある、と読んだ本に書いてあった。
そうかそういう見方もあるのかと逆に目から鱗が落ちた気分だった。
私は、失った時の大きさよりも、今在る時の幸せの大きさで選ぶ。
選べたと自負してる。

これから悲しいことつらいことがあるかもしれないけれど。
イギー&ポップとの生活も、私自身の人生も。
それまでの幸せの大きさでプラマイプラスで終われると信じてる。


家族をもつってこういうことかな、と最近そう思えてきた。
(こう書くと連れ添ってるエマ夫はなんなんだと怒られそう)
旦那と子供は違うんだよー、とフォローしてみる。笑。


あまり後ろ足で立たせたくないんだけど。近くに寄りたいポップ
f0161822_10221489.jpg




今日の変顔イギー   アホの子に見える
f0161822_1122575.jpg



なんだかんだで、まぁ、エマ家は今日も幸せです。
[PR]

by popyiggy | 2009-05-29 01:40 | 「犬を飼う」ということ


<< 犬8種混合ワクチン(生後1年)      ほぅら、凍れ >>